7月に手と足を痛めました。

足を痛めたために仰向けに大の字に転んで、右手中指を痛めました。ポッキリとは折れていないみたいだったので、足小指のヒビの経験から、テーピングするぐらいしかできないだろうなと思って病院には行きませんでした。が、2週間経ってもやはり痛いので、病院に。

色鉛筆もカッターも持てなかったので早く治りますようにと、アルミの板で固定してもらいました。

包帯ぐるぐる、いや、ちょっと大袈裟で恥ずかしい。

けど!ぶつける心配も、つい力を入れて「あいたたた」となってしまう心配もなく、これはとっても便利な道具でありました。

(診察のその場でアルミ板の加工、切り口を綺麗にテーピングして、お医者さんが職人さんのようでありました)

やはり道具は大事と思ったこと。

この夏は、鉛筆を握れない間スマホアプリで、人差し指ひとつで描くアニメーションに没頭していて楽しかったです。

カテゴリー : diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です