先日の犬ブローチに引き続き、種類も増えて、猫も描きました。

描きたい犬や猫はたくさん居るのですが、なかなかその種類の特徴を出すのが難しいですね。

フレンチブルドッグはお尻が丸々と出っ張っていて脚は短い。

鼻の穴は横から割れていて猫の鼻は割と小さい。

犬も猫も思っていたよりも前脚が後ろに付いていることに気づきました。

特に難しいのが、後ろ脚。あの変に曲がっていてどこが膝なのか、どこが踵なのか、少しでもどこかが長かったりするとあり得ない動物になっていたりします。デッサン大事。(学生の頃、デッサンの授業でメディチが大阪のおばちゃんになってしまった経緯あり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です